SESでは開発ができないので、開発の職に就く為にDjangoの勉強を始めました

みなさん!こんにちは!ウルフロッグです!
今日お話しするのは、自分がDjangoの勉強をはじめたっていう報告です。

僕は普段SESとして出向して働いているのですが、
プログラミングをしたりなどの開発はさせてもらえません。
製品の検証や、エクセル資料作成、お客さんの要件定義など、SESあるあるな仕事をしています。
今の職場では仕事のやり方や、社会人としてのマナーなどは勉強させてもらったので不満はありません。
ですが、自分はIT業界に起業という目標を見据えて、開発をやりたくて入ったのに気づいたら、SESで開発とは程遠い仕事しています。
(そもそもSESや、この業界の事をよく知らずに飛び込んだ自分が悪いのですが、、、、(笑))しかし、しばらく経った今、この業界の仕組みやITの知識に対して詳しくなってきましたので、自分で動こう、学ぼうと今に至ったわけであります。
(SESについても書きたいので、それはまた次回にします(笑))

なぜ、Djangoなのかというと、自分は将来的にWebサービス開発を仕事にしたいので、pythonで動くWebフレームワークのDjangoを選択しました。
人気言語ランキングや、稼げるプログラミング言語ランキングで近年めきめきと勢いを増しているプログラミング言語を勉強しながら、Webアプリケーションが作れるのは自分にとって一石二鳥です。
Djangoが使われている有名Webアプリケーションを調べて行くと、以下のWebサイトに詳しく書いてありました。

[Python]Djangoで構築されたWebサービス18選

instagram、Youtube、Spotifyなど、超ビックなサービス名がズラリ、、、、これは転職活動が捗るでぇ、、、ぐふふ、、、
とまあ、転職だけではなく最近業務で使用する事の多いPostgresqlもDjangoのDBとして扱えば、仕事にも役立つと思ったので、それも理由の一つです。

というわけで、今回から「Django」のカテゴリを作りまして、次回からDjangoの構築方法や、学んだ事、Tips等を書いていきたいと思います。
ただ、一つだけお断りしておくと、このカテゴリはDjangoについての自分の個人的なメモや覚書の掃きだめ場所にしようと思っているので、ここで書かれている事をマネして不具合が出たとしても、僕は責任を一切負いません!(笑)
できるだけ、正しい情報は伝えますが、100%正しいとは言えないので悪しからず。。。
参考にするときは自分の環境に読み替えて、冷たい眼差しを持って参考にする事をおすすめします!
それでは、次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です